「手をつなごう」~長野県東信地区~

長野県の軽井沢・御代田・佐久・小諸・東御・上田を中心に、放射能関係の共有したい情報を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学校・保育園給食の放射線量測定と子どものための基準の設定を求める署名

軽井沢町の子どもたちを給食による内部被曝から守るために署名活動を
開始しました!

下記メールフォームから簡単に署名できます。
ご協力、どうぞ宜しくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------

軽井沢町長  藤巻 進 殿


 福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染から子ども達の命と健康を守り、その影響を最小限に食い止めるために学校・保育園給食の放射線量の測定と子どもの放射能感受性に配慮した独自の基準に基づく食材の選定及び産地表示、又、親の心情に配慮した弁当持参の許可を求めます。
現在の食品に関する日本の暫定基準値は世界各国の中でも、とても緩いものであり、体も小さく放射能に対する感受性が3倍から10倍とも言われる子どもも大人と同一の基準です。
チェルノブイリの事故後、子ども達に甲状腺ガンや白血病が急増したのは、汚染された食物による内部被曝が大きな原因とされています。
体内に取り込まれた放射性物質は、それが排出されるまで放射線を出し続けます。
今、子ども達を守れるのは大人しかいません。そして、それがこのような事態に子ども達を置いてしまった大人達の責任です。
日本各地で自治体が給食について独自基準による計測と公表を始めています。
これから長い将来を生きる子どもの命を優先した決断、未来に禍根を残さないための決断を心から願います。


★賛同頂ける方は下記フォームより署名をお願いいたします★
学校・保育園給食の放射線量測定と子どものための基準の設定を求める署名

集約先 Kids' Earth (キッズアース)
~放射能から子どもを守り未来を考える~

----------------------------------------------------------------------
<参考資料>
 
 2011年3月11日の大震災に続く福島第一原子力発電所の事故では、広島型原爆168発分のセシウムが放出され(政府発表)、日本原子力研究開発機構などのグループの試算では、海に排出された放射性物質の量は1万5千テラベクレル(テラは1兆)に達するとされています。

 また蓄積土地の汚染については、福島が300万から3000万ベクレル、チェルノブイリが148万から370万とされ、既に福島がチェルノブイリを超えている事を東電が明らかにしています(平成23年5月8日、事故対策統合本部の共同会見で発表)。
 
 チェルノブイリの事故後、およそ8000km離れた日本でも、その10年後に乳がんの死亡率が急増した事(肥田舜太郎医師による調査)を考えれば、このような大事故が日本で起こり、たった250kmしか離れていない軽井沢で何の対策もせずに、この危険を回避し、子ども達を守れるとは思えません。
 
 セシウム137について、その半減期は30年であり、首都圏や福島で検出されているプルトニウムは約2万4000年です。さらに県内では調査されていないストロンチウムなどの放射性核種は多岐に渡ります。このような事からすれば子ども達は、おそらく一生この汚染された大地で汚染された食物の危険の中、生きていかねばなりません。
 
 食事や呼吸から体内に入った放射性物質は、それが排出されるまで体内にとどまり、子ども達の細胞のDNAを傷付けます。そして、修復されなかった損傷は、ガンや白血病を引き起こし、あるいは次の世代、またその次の世代へと引き継がれます。
 
 チェルノブイリ事故後、子ども達の甲状腺ガンや白血病が急増し、80km離れたベラルーシでは未だに80~85パーセントの子どもが身体に異常を持って生まれてくるそうです(ドキュメンタリー映画、チェルノブイリハートより)。
 
 日本でも子ども達は、これから10年、20年と放射能と向き合わねばなりません。今の大人達の決断が子ども達の未来を大きく左右するのです。子ども達を全力で守ることが私達の責務です。
 
 長野県内でも松本市では「子どもたちには決して危険なものを食べさせない」という方針で給食の食材を選び計測を開始しました。(松本市教委はチェルノブイリ原発事故の汚染地となったウクライナの基準である1キロ当たり40ベクレルを採用)
同じように軽井沢の子ども達を守りたい。子どもに被害が出てからでは取り返しがつかないのです。あの時の大人達は、なぜ何もしなかったのかと未来の子ども達に言われる事のないよう、どうか皆様の協力を切に願います。


★賛同頂ける方は下記フォームより署名をお願いいたします★
学校・保育園給食の放射線量測定と子どものための基準の設定を求める署名



【個人情報保護に関する方針と利用目的】
Kids' Earth (キッズアース)では、皆様が安心して署名にご協力いただけるよう、個人情報の保護のために細心の注意を払っています。
集められた個人情報は軽井沢町へご賛同署名として提出させていただきます。
この目的以外は使用いたしません。


スポンサーサイト
[ 2011/10/20 22:08 ] ●署名活動 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。