FC2ブログ

「手をつなごう」~長野県東信地区~

長野県の軽井沢・御代田・佐久・小諸・東御・上田を中心に、放射能関係の共有したい情報を載せていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広報かるいざわについて

みなさん
先日新聞の折り込みに入ってきた広報かるいざわの号外?ご覧になりましたか?
町のホームページにも「落ち葉等の処理について」との記載があります。


私はこの2日ほどこれをずっと眺めて何度も読み返すのですが(あっでも決して暇ではないのですよ、今だって悪ガキが引出し全部あけて中身出してる・・涙)、いったいこれは何を言いたいのか???

それによりますと
『落ち葉の収集を見合わせてる業者もいるけれど元放射線医学研究所研究総務官の稲葉次郎氏に伺うと放射能による人体の影響に関してはベクレルではなくてシーベルトを測定する必要があってそのため空間線量率とその場にいる時間を勘案し落ち葉の取り扱いを決めることになるのだそうだ。

そうすると最大3200ベクレルのセシウムが検出された落ち葉もシーベルトに換算した実効線量率は0.087マイクロシーベルト毎時。これは実測の空間線量率以下あるいは同等となっていて、その場に常時いると考えるのは合理的でないので落ち葉などの清掃作業をすることによる放射能の影響は低い。また落ち葉に関する国の基準は特に示されていないので今までと同じように処理できます!・・・・しかしながら、農林水産省では、腐葉土の製品としての暫定基準値(400ベクレル)を示しており、たい肥としての使用はできる限り控えるように指導しています』

ってことなんだが・・ふーむ

稲葉次郎氏は落ち葉の取り扱いを空間線量率とその場にいる時間を勘案して決めるといっているけれど、それは落ち葉を触ったりそばにいたりする時のことだよね。
広報はそう言っておきながら最後に堆肥としての利用の事を持ち出しているし、なんだかどうもつながりがわからん
それにそもそも今までどおりに処理って
庭先でみんながこれを燃やすことや堆肥としての利用も空間線量率とそこにいる時間で考えられるの?
東松山市では市の清掃車が各家庭を回って選定した枝などの回収をしていると聞いたけど、やっぱりセシウムたくさん含まれてるものを燃やすのは危険なはずだよね。
落ち葉や庭木を燃やした後の灰の線量が高いこと、各地のクリーンセンターの灰からもセシウムが検出されているってことは灰に濃縮されてる可能性が高い。
それに落ち葉あつめはブロワーってやつでばーって吹き飛ばしてるし、舞い散ってるんじゃないのかな
処理の際にはマスクで防御しましょうとか、家庭で燃やすのは控えましょうとかそういう注意喚起はないのかなあ。

今までと同じようにしていたらみんなの健康を守ることは難しい状況なんじゃないのかな・・

あとね広報の裏には
「実測した空間放射線量率の値には、自然放射線も含まれていますが、過去の測定データがないため、もともとの自然放射線量はわかりません。(日本の平均値は毎時0.16マイクロシーベルトと言われており、その半分が空気中、2割が大地からとなるため、概ね毎時0.1マイクロシーベルトまでは自然放射線ととらえることができます)」って書いてあるんだよね。

日本の平均が0.16マイクロなの?え~~~。
そして「その半分が空気中、2割が大地だから0.1マイクロまでは自然放射線ととらえることができる」ってつながりも私にはわからんのだよ。

でも0.16にしろ0.1にしろそれが日本の平均だとしたら軽井沢の計測値の0.05とか0.06とかってめっちゃ低いやん!

いやぁ科学はあまり得意じゃなかったけど、日本語は30うん年つかってきたしな~
私の頭脳をフル回転させてもこの文章はどうも理解ができないよ

ふっ ばったん

ako/f


スポンサーサイト
はじめまして
じめてコメントさせていただきます。 関西弁に親近感を抱きます


町の広報やホームページの放射能に関する見解には毎回「モヤッ」とさせられますよね。
役場に掛け合ってもクレーマー扱いですし(_´Д`)~

もうこうなるといくら数値を並べて根拠に基づいて嘆願しても 「あーいえばこーゆー 」って感じで噛み合わないですよね。

こういうスタンスの役場には、具体的で低コストで観光産業でなりたっている軽井沢にメリットのある放射能対策を提案していくカタチがスムーズなのかなぁと。

もう世論が放射能対策に関してきびしい視線を送ってますから。
軽井沢町が正しく情報開示して積極的に住民と協力して安心して観光できる町にしてゆく姿勢が必要やねん!!

って感じです。楽しく前向きにアイディアだしながら話し合えたらいいですよね☆

今日は、放射能の話がタブーだった義母と義父も署名活動に協力してくれました☆ 願えば叶うんですよね。
[ 2011/10/23 08:51 ] [ 編集 ]
信濃毎日の記事
 こんばんは。
 この広報かるいざわが意味不明なことに同感です。調べていたら、昨日の信濃毎日にこの広報についての記事が掲載されたようです。
http://www.shinmai.co.jp/news/20111022/KT111021FTI090040000.html
 基本的に広報かるいざわの内容をなぞっているだけの記事ですが、しかしその意図を一応わかりやすく解説していると思います。それによると落ち葉を腐葉土などの肥料にすることは(400ベクレルという暫定基準もあることだし)農水省の言う通りやめた方が良いが、収集や掃除、可燃ゴミに出すのは今まで通りかまわないと言いたいがためのものだったようです。取り急ぎお知らせまで。
P.S.広報の本文が手元にない方は下記サイトからダウンロードできます。
http://www.town.karuizawa.nagano.jp/ctg/00109694/00109694.html
[ 2011/10/23 23:10 ] [ 編集 ]
ぴよまるさんへ
町も私たちもみんな気持は同じはず。
行き違いや誤解もあるかもしれないけど
きっときっと一緒に頑張れる頑張らねばって思います。

今日東部小学校で教育委員会の職員の人たちが除染してくれてたのみてほんきでうるうるしたよ。
次長だって首にタオル巻いて・・あ~ありがとうございますって心から思ったよ。
[ 2011/10/24 18:39 ] [ 編集 ]
billygoatさんへ
すみません。広報の紹介ありがとうございます。
ブログ初心者でURLが貼れなかったんです。

信毎に解説してもらわなくってもわかる文章にしてほしいですよね!


[ 2011/10/24 18:44 ] [ 編集 ]
役場への問い合わせ
akoさん、こんにちは。
 昨日は役場で生活環境課のSさんと、今日は電話で課長のOさんと広報について話をすることができました。お二人ともとても丁寧に対応してくださいました。
 広報の内容について、たい肥としての利用とその他の処理がごちゃごちゃになっていること(空間線量だけでなく落葉の濃度を計測したのはたい肥としての利用を控えるべきことを示すためだったそうです。)、計算式の係数については説明がなく、実際かなり大雑把なものに過ぎないこと、自然放射線についてのコメントも意味がわかりづらいことなど率直に認めておられ、申し訳ないと何度も言っておられました。かなり慌てて作った文書のようですね。困りましたねえ。
[ 2011/10/28 15:59 ] [ 編集 ]
billygoatさんへ
役場に直接行ったんですか??
sさんもOさんもわかりずらいことは認めてらっしゃるんですね。だったらちゃんとわかる文章配布しないとですよね。みんなそれを判断材料にいろいろやるわけだし、新聞に折込み入れるのだってお金かかるんだし、よ~く考えてやらないとさ。
[ 2011/10/29 06:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。